自作トランプゲーム Tower of Babel の紹介

ゲームの流れ


ターン制の対戦トランプゲームです。
自分の手前にカードを重ねて、塔をそれぞれ3つまで積み上げます。3つの塔のどこかにQ(クイーン)を重ねておき、ゲーム終了時点でQが一番高い位置にあった人が勝ちになります。

* イラスト、手順書作成:渡部夏矢さん


初期状態


  1. トランプの中から4枚のQを抜き出します。
  2. プレイヤーはそれぞれ一枚ずつのQと、よく切ったカードからランダムに3枚を配り、合計手札は4枚の状態でゲームを開始します。余ったQは使いませんので避けておきましょう。
  3. 残りのカードは山札として、中央に裏を向けて重ねて置きます。

自分のターンにやること


1. 山札からカードを2枚ひきます。


(ただし、山場にカードがなくなった後の1ターンはこれを行いません)


2. 山札からカードを2枚引いた後、以下のいずれかを選択


  • A. 手札から塔にカードを積み上げる
  • B. 自分の塔で相手の塔を攻撃する
  • C. 何もしない(パス)

A. 手札から塔にカードを積み上げる


山札から引いたばかりのカードを含む、自分の手札のカードを、塔に債み上げることができます。 各プレイヤー3つまで塔を作ることができ、塔に積み上げるカードは裏向きに置きます。

1ターンで積み上げられるカードは4枚までで、4枚以内のカードを3つの塔のどこにでも置くことができます。(同じ塔に4枚置くこともできますし、それぞれを違う塔に置くこともできます。この時できるだけ強いカードを塔の上に置き、置いた力ードを覚えておきましよう。


B. 自分の塔で相手の塔を攻撃する


前回のターンまでに積み上げた塔のうち の1つを選び、相手の塔のうちの1つを攻撃することができます。攻撃する塔と、攻撃される塔、それぞれの一番上にあるカードをめくりカードが強い方の塔が勝ちとなります。 負けた塔のカードは、すべて基地に送られます。勝った方の塔も、一番上にあった、めくったカードは墓地に送られます。またカードの強さが同じ場合は、お互いにめくったカードだけ墓地に送られます。


C. 何もしない(パス)


山札からカードを2枚引いた後、何もせずパスすることもできます。

カードの強さ



ゲームの勝敗


Qを含めた塔が負け、塔が墓地送りになった時点でそのプレイヤーは負けになります。
ゲームの途中でQが墓地送りにならなかった場合は、山札のカードがなくなった後から、各プレイヤーそれぞれ1ターンずつ行います。すべてプレイヤーのターンが終了した時点でゲーム終了となります。 ゲーム終了時点で各プレイヤーは、Qを積んだ塔のカードを下から順番に数え、Qが何枚目にあるかを競います。 この時Qが一番高い位置にあった人が勝ちとなります。


特殊ルール


エース このカードが先頭のタワーが攻撃された場合、敗れると自分のタワーは崩壊しますが、新たに山場から2枚引き、好きなタワーにそのまま追加できます。
その時に引いたカードをみてはいけません。
7 このカードが勝負に負けたとしても自分のタワーは3枚墓地送りになるだけです。全壊は間逃れます。
K このカードが負けた場合、負けたユーザーは相手の好きなタワーを選択し、先頭のカードを墓地送りにできます。

以上です。もっといいゲームになるように今後ブラッシュアップしていきます!


ファイルを開く

Tower_of_Babelの遊び方

Special Thanks

今回は知り合いの渡部夏矢さんにこのゲームのイラストや手順書作成をしていただきました!ありがとうございます。


堀 悟大

アップルップル フロントエンドエンジニア。2014年高知大学理学部卒業。学生時代にHTML5のCanvas要素を使ってゲームを作っていたことでWeb全般に興味をもつ。アップルップル入社後はa-blog cmsを便利に使うための機能の実装や、HTML5の技術を使ったデジタルサイネージの実装を行う。趣味は英語。読むことも話すことも好き。

Home
Next entry →