Horic Design

a-blog cmsやJavaScriptなどの情報を発信しています。

a-blog cms Training Camp 2016 OKINAWAを開催しました。


沖縄の宜野湾ベイサイド情報センターで2016/05/20(金)〜2016/05/21(土)にかけてa-blog cms Training Camp 2016 OKINAWAを開催しました。

ユーザーさんのセッション及び基調講演

この合宿ではユーザさんがa-blog cmsのことについて発表する機会があったのですが、その発表の中で印象に残った点を今後忘れないように下にメモしておきます。

言問株式会社 藤田さん

すべての機能を実装したCMSよりも他のサービスとの連携を柔軟にできるCMSが今後求められるという話。複数のサービスを組み合わせて一つのサイトを作る方が一つのシステムに依存するよりいいという考え方は確かに一理あるなとおもいます。どこまでがCMSがやるべきことで、どこまでが他のサービスに任せるべきことなのかということは今後考えていかなきゃいけないですね。

株式会社ワクグミ 田村さん

ブログのカスタムフィールドの設定でエントリーページをレイアウトモジュールで作るか作らないかを設定できるようにしているのに驚かされました。またレイアウトモジュールのIDにブログコードなどのグローバル変数を入れていて絶対にIDがかぶらない工夫をしているところは参考にしたいですね。

株式会社テリムクリ 山田さん

レイアウトモジュールでレイアウトを組まなくてもエントリーボディでモジュールユニットを使えばある程度レイアウトは組めることに気づかされました。なんでもレイアウトモジュールを使うのではなく、普通にエントリーボディで作ってしまうのもありですね。エントリーボディだとテキストを自由に入力できるというメリットもあります。

フォルトゥナ 坂本さん

emやstrong,iなどのHTMLのタグが持つ意味を最初に説明されていました。iが心の声を表す意味だということは知りませんでした。また、テキストユニットで「強調1」「強調2」などがあるが、クラス名をつけてハイライトしたいときもあるということをおっしゃっていました。この機能は今後a-blog cmsに組み込んでいきたいなと考えています。

株式会社オレンジシステム 赤木さん

カレンダーに予定を入力できるようにするためカスタムフィールドを31個用意していました。その際にselectを使っていたのですがそれだと入力が大変なので絵を描くようにドラッグアンドドロップで入力できるようなインターフェースになっていたのが斬新で感心しました。a-blog cmsのいいところはデータの入力インターフェースをHTMLで自由に編集できちゃうことですね。

株式会社キャッチボール・トゥエンティワン 三上さん

レイアウトモジュールや関連エントリーなど比較的新しい機能を使ってサイトを構築していました。この前の合宿のハンズオンで学んだことを実戦で使用できてよかったとおっしゃっていたので、改めて合宿の重要性を再認識しました。

株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ 山田さん

CPIのスマートリリースを使って、テスト環境から本番環境にa-blog cmsのサイトを移行するデモを行っていました。a-blog cmsのsetupよりドメインを変更するだけで簡単に移行を行えるので、とても相性がいいと思います。とにかく無事に移行できてよかったです。

トライデントコンピュータ専門学校 林田さん

a-blog cmsのルールの機能は複数同時に選べないので、エイリアスコードとincludeをうまく活用してサイトを構築したという話でした。
アップルップルに入社前から、いろいろな実装方法を既に身につけており、既に3つの案件を手にかけています。成長が楽しみですね。

ユーザーさんとの交流を通して

ユーザーさんのセッションを聞いたりハンズオン中にユーザさんの声を聞いていく中で、この機能はa-blog cmsに今後実装していく必要があるという課題も見つかりました。

  1. ユニットの文字のハイライト機能
  2. テーブルユニット
  3. モジュールユニットとSetTemplateの連携機能
  4. カスタムフィールドメーカーのショートカット機能
  5. レイアウトモジュールの複製やデフォルトのレイアウトの設定

1. ユニットの文字のハイライト機能

テキストユニットにて「em」や「strong」以外にも単純にclass名を付与したspanなどでテキストを囲む機能があってもいいのではないでしょうか?

2. テーブルユニット

ユニットがエクセルなどのテーブルのようになっていて、直感的にテーブルを編集できるユニットがほしいですね。

3. モジュールユニットとSetTemplateの連携機能

現在モジュールユニットやレイアウト機能と、SetTemplateの相性が悪いのでその機能ともうまく併用できるようにしていきたいですね。

4. カスタムフィールドメーカーのショートカット機能

カスタムフィールドメーカーで「都道府県」一覧をselectで選ぶようなHTMLはショートカットで欲しいという意見をいただきました。確かに全部都道府県を手打ちするのは大変なので、ショートカットの機能を盛り込みたいと思います。

5. レイアウトモジュールの複製やデフォルトのレイアウトの設定

レイアウト機能を良く使う田村さんが一度作成したレイアウトモジュールを複製したりする機能が欲しいということをおっしゃっていました。確かに同じレイアウトを何度も作るのは大変なのでこの機能はあってもいいかもしれませんし、ほとんど変わらないレイアウトならデフォルトのレイアウトを設定できてもいいとお思います。

最後に

ユーザーさんから自分たちでは気付けなかった改善点を聞けたのでとても意義のある合宿になりました。ユーザーさん一人一人の声を大事にして今後の開発につなげていきたいと思います。また自分とは違った実装方法でサイトを構築しているユーザさんもいてとても刺激を受けました。


堀 悟大

有限会社アップルップル マークアップエンジニア。2014年高知大学理学部卒業。学生時代にHTML5のCanvas要素を使ってゲームを作っていたことでWeb全般に興味をもつ。アップルップル入社後はa-blog cmsを便利に使うための機能の実装や、HTML5の技術を使ったデジタルサイネージの実装を行う。趣味は英語。読むことも話すことも好き。

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグクラウド